WRIST COIN CASE(ドットボタン)

  • ドットボタンにより、手首周り19/21cmの2段階調整可能

    ドットボタンにより、手首周り19/21cmの2段階調整可能

  • ボールジップは実際に開閉し、小銭等を収納可能

    ボールジップは実際に開閉し、小銭等を収納可能

  • う~ん…続く

    う~ん…続く

  • 細めのとダブルで着けるのも良いね♪

    細めのとダブルで着けるのも良いね♪

  • 小銭を多めに詰め込んでおけば、いつ新宿伊勢丹前で“狂虎”タイガー・ジェット・シンが襲って来たって大丈夫だ。アナタの大切なアマゾネスを守る、そんな一品でもある。

    小銭を多めに詰め込んでおけば、いつ新宿伊勢丹前で“狂虎”タイガー・ジェット・シンが襲って来たって大丈夫だ。アナタの大切なアマゾネスを守る、そんな一品でもある。

  • ザ・全体像。ブラックレザー×シルバーパーツがハートにbing-bingクルぜ!

    ザ・全体像。ブラックレザー×シルバーパーツがハートにbing-bingクルぜ!


WRIST COIN CASE(ドットボタン)

“ベルクロ留め仕様”に続き、“ドットボタン留め仕様”をリリース。


なんつうのかなぁ…結局“黒革に銀色の金属パーツ”ってのが、ライダース・ジャケットしかりボンデッジ・グッズしかり、そのフェティッシュな雰囲気に惹かれるのかと。

以下、同文…と思うなかれ、この先も読まないと損するぜ。

 

ライヴハウスあるある「あれ?ドリンクチケットどこ行った?」撲滅グッズ、と執拗にライヴハウスでの使用を促しつつ、実はインスパイア発信源はゲレンデにおける“リフト券ホルダー”だったりする(のは事実だが、私はウィンタースポーツには縁が無い。)


ボールジップは言うまでもなく実際に開閉し、フリスク程度の物なら収納可能。これによって“見ず知らずの女性に話しかける”という「ゲレンデが溶ける様な恋」への第一歩をang-singして踏み出せる(とは言え、ゲレンデでフリスクはスースーし過ぎて寒かろう…。)


本体のリストバンドの構造に関しては、分かる人には分かるであろう、70年代のパンク・ロッカー達が愛用していたソレを意識した作りになっている(っていうのをゲレンデでのナンパ時に語って食いついてくる女性なら、別にゲレンデで出会う必要も無かったろうに…。)


万が一、雪山で熊が現れた場合、小銭がたくさん入っていれば護身具…そう、レザー警棒に早変わり。これはデザイナー自ら、小銭を多く入れた本商品にて太ももやおヒップちゃんをスパンキングしたところ、非常に大きなダメージを受けた事で実証済みである(が、熊にダメージを与えられるかは不明…。)


まぁ、色々語って来たが、やっぱりライヴハウス等のロックシーンで、“小銭も入るリストバンド”としてお使い頂くのがよろしいかと(まぁ、そこはお任せしますが…。)


以上。

◆品番◆

GD-001


◆カラー◆

本体:ブラック

パーツ:シルバー


◆価格◆

3,500円(税抜)


サイズ

ワンサイズ

ドットボタンにより、手首周り19/21cm2段階調整可能。


リストバンド本体

長さ:24cm

幅:5cm


ファスナー長さ

12.5cm


多少の誤差はご了承下さい。


素材

牛革


注意
・レザーという天然素材の特性上、11点シワや質感が異なります事をご了承下さい。

3,780円

在庫数 : 0

カートの中身

カートに商品は入っていません