J & J(GOLD)

  • 赤い革ジャンとの相性グンバツ

    赤い革ジャンとの相性グンバツ

  • 2×1コニカルの黄金比発見

    2×1コニカルの黄金比発見

  • サイズは2段階に調節可

    サイズは2段階に調節可

  • 装着時、ロイヤルブルーがチラ見えするぜ

    装着時、ロイヤルブルーがチラ見えするぜ

  • 金に銀、それはまるで小宇宙

    金に銀、それはまるで小宇宙

  • ブルーなレジスタンス

    ブルーなレジスタンス

GTG PRODUCTS 久々のリリースは、リストバンド「J& J」の新色。


「新色!?手抜きじゃねぇか!」って?いやいや、そう思うなかれ。


とはいえ、そもそも「J& J」ってのは「JOHN(ライドンa.k.a.ジョニー・ロットン)とJOHN(サイモン・リッチーa.k.a.シド・ヴィシャス)が着けていた」っていうことから由来する「シルバーレザーの2×1コニカル・リストバンド」。という事はシルバー以外は存在してはならない。

「じゃあ何で金色を出すんだ!?」って?...

答えはkang-tang「自分が欲しいから」だ。

まぁ、そもそも「自分が欲しい物を造る」っていう概念がありますものでね、オホホのホ!

これを持ってして、「J& J」はGTG PRODUCTSにおける「2×1コニカル・リストバンド」のモデル名である事をここにseng-gengする...って言うほどの事でもないか。

また、我々世代的に幼少期にTVで観た(聴いた)洗剤のCMにおける「金・銀・パ~ル プレゼント♪」という響きが記憶のどこかにすり込まれているという事実も軽視できない。(「パール色」のリリースは控えておりませんので、あしからず。)


金レザーに対し、金スタッズの使用も試みたが、あてがった瞬間に漂った、ただならぬ「仏具感」に、「やはり、パンクギアとしては銀スタッズが妥当」と気付いた次第。

黒い服との相性は言わずもがな、赤い服との相性に特化している。

~以下、シルバーからの引用(一部、ゴールド用に改訂)~

JJ


一切のコメントを控えようかとも思ったけど、そうもいかない(ですよね~!)


事の発端はMOJO「パンク特集号」みたいな号。2005年、春先に発売されたこの雑誌に由来する。


Kang-tangに言ってしまえば、「この本で初めて見たジョニー・ロットンがしていたリストバンドの復刻品」、それに過ぎない。うん、それで終わらせても良い。けど、ちょっと書こう(やっぱりね~!)


この本が発売され、その写真を見た瞬間、私は「そのリストバンドを作らなくてはならない」という衝動にかられ、その足は日暮里…そう生地屋街へと向かっていた。


まず、「このギンギラ感の革は無かろう」という考えのもと、もはや革でなくても良いから、これに近い雰囲気の生地を探そう、という発想だった。

結論から言おう。「布でもそんな物は見つからなかった」だ。けど、作りたい気持ちは抑え切れない。その時、ふと脳裏をよぎったのが“ギャルのバッグ”だった。コギャル~孫ギャルの時代は終焉を遂げ、渋谷のギャルファッションがややモード寄りに移行…そんな過渡期だったか。

足は渋谷へと向かった。行く先はもちろん、言わずもがなの性地、もとい聖地「109」だ。


生地として見つける事は出来なかったが、かなり近い雰囲気の生地を使ったベルトを発見。バッグやポーチよりは明らかに“取り効率”が良い。そして私はそのベルトを購入。そして帰宅。そして解体。そしてリストバンド製作…である。

限られた素材をフルに使い、作れる限りのリストバンドを製作し、まわりの友人にプレゼントした。それを今も愛用してくれている友人も居る。ジョー・アルコール氏もその一人だ。


ふと気付くと、自分の分まであげてしまい、手元には残っていなかった…。

で、何故か約10年の時を経て、無性に自分用に欲しくなったのをきっかけに、今回の商品化と相成った。

そう、言うならばこれは「ジョニー・ロットン着用のリストバンドの復刻品」ではなく、「あの日の自分への自己復刻品」…そう、「あの日の僕を取り戻す、リストバンド式の思い出アルバム」だ。(あ~あ、始まっちゃった…。)

で、さらに物語は続く。(マジかよ!?)

このリストバンド、「シドがあの時にしていたアレじゃね?」という説がジョニーの写真を見た仲間内で浮上した。そう、パチモンTシャツなんかにも使用されるほど、ポピュラーなシドの写真がある。腕にベルトを巻き付け、注射器を打っている、あの忌まわしき写真だ。その左手に巻かれているリストバンド、モノクロ写真しか無い故に長年「白」と推測されて来たが、この写真の登場とともに「銀」説が浮上するも、その後、真偽は定かになっていない(ゲンザ調べ)。

ひとまず、GTG的にその2つのリストバンドは同一の物と仮定し「JOHNJOHN(シドの本名)」、2名のJOHNが着用していたという意味で「JJ」と命名した。

セックス・ピストルズ内では衣類やアクセサリーの着回しが多く見受けられ、とりわけシドに回っている(奪った?)パターンが多いという事実は付け加えておこう。

では、今回製作したリストバンドについてコメントしよう(って、やっと!?)

今回の素材は「革」、山羊革(ゴートスキン)である。これに関しては山羊革が良かった訳ではなく、たまたま良いギンギラ感を出している革が山羊革だったというだけの話。

裏には着け心地重視で羊革(シープスキン)を採用。ロイヤルブルー色の革を使用し、ロックンロール・ルールへの敬意度はこの上ない状態に。

「リストバンドの幅」

推測に基づき約5.5cm


「スタッズのレイアウト」

実物を参照しながらも、微調整。


「裏打ち(裏貼り)」

貼り付けてあるだけではなく、表と一緒に縫われているので、そうkang-tangにはがれて来る事は無い。これは70年代のパンク・ロッカーが着用しているリストバンドを基に、GTG的解釈を加えた仕様である。また、スタッズを打ってから裏打ちを縫い合わせているため、スタッズのツメは裏には出て来ず隠れている。


さぁ、“GOLD RUSH”はアナタの手首からやって来る!


以上。

◆品番◆

GWB-007

◆カラー◆

本体:ゴールド

金属パーツ:シルバー

◆価格◆

4,000円(税抜)

サイズ

ワンサイズ

ドットボタンにより、手首周り19/21cm2段階調整可能。

リストバンド本体

長さ:24cm

幅:5.5cm


多少の誤差はご了承下さい。

素材

表面:山羊革

裏面:羊革


注意
レザーという天然素材の特性上、11点シワや質感が異なります事をご了承下さい。

4,320円

在庫数 : 0

カートの中身

カートに商品は入っていません